三重県臨床心理士会
お問合せ
国家資格化問題について
HOME組織案内三重県臨床心理士会会報お問い合せQ&A
MENU
臨床心理士とは 臨床心理士の特徴 臨床心理士の職務 活躍している領域 広域社会奉仕活動 資格認可取得方法 サービスを受けるには 入会をご希望の方へ 会員向け情報 会員向け防災情報 国家資格化問題について
MENU
128bit暗号化通信対応

国家資格化問題について

平成27年7月9日に「公認心理師法案」が第189通常国会にて衆議院へ提出され、同9月3日に衆議院本会議で可決、同9月9日に参議院本会議で可決、成立しました。心理職の国家資格創設に向けてご尽力いただいてきた関係の皆様に、改めて深く感謝申し上げます。
このことにかかる申入書を、当会より臨床心理士関連四団体(公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会、一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人日本臨床心理士会、日本臨床心理士養成大学院協議会)に送付致しましたので、ご高覧ください。

PDF 公認心理師法の成立にかかる申入書




第186回通常国会に提出されました「公認心理師法案」について、三重県臨床心理士会は当会の最高決定機関である会員総会の決議に基づいて、その法案の修正を要望してまいりました。 当会としての資格問題に関する姿勢をまとめた文書類を掲載いたします。ご高覧いただけますと幸いです。

PDF 『公認心理師法案要綱骨子(案)』への対応に関する要望

PDF 『公認心理師法案』に関する三重県臨床心理士会の姿勢について

三重県臨床心理士会 事務局 〒510-0298 鈴鹿市郡山町663-222 鈴鹿大学内 三重県臨床心理士会事務局室 FAX:059-389-7105
  HOME臨床心理士とは?臨床心理士の特徴臨床心理士の職務活躍している領域広域社会奉仕活動
資格認可取得方法サービスを受けるには入会をご希望の方へ会員向け情報会員向け防災情報国家資格化問題について
組織案内三重県臨床心理士会会報お問い合せQ&Aprivacy statement
 
 
Copyright © Mie Society of Certified Clinical Psychologists All rights reserved.