三重県臨床心理士会
お問合せ
Q&A
HOME組織案内三重県臨床心理士会会報お問い合せQ&A
MENU
臨床心理士とは 臨床心理士の特徴 臨床心理士の職務 活躍している領域 広域社会奉仕活動 資格認可取得方法 サービスを受けるには 入会をご希望の方へ 会員向け情報 会員向け防災情報 国家資格化問題について
MENU
128bit暗号化通信対応

よくある質問と答え

三重県臨床心理士会とはどのような組織なのですか

三重県臨床心理士会は、次の3つを目的として運営されている組織です。
<1>会員相互の連携
<2>資質と技能の向上
<3>臨床心理士の社会的地位・職業的地位の確立
具体的には、会員同士の交流の場を設けたり、定期的に研修の機会を提供したり、三重県内外の関連機関・組織との連携を行ったりしています。

また、三重県臨床心理士会の意思決定機関としては、毎年1回開かれる総会と、随時開かれる理事会(13名の理事から構成)があります。

三重県臨床心理士会の活動につきましては、当会の会報『コンステレーション』にて年に一回程度の発信を行っております。『コンステレーション』のバックナンバーも当サイト内で掲載しておりますので、よろしければご覧ください。
 

臨床心理士とは何ですか

臨床心理士とは、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認可する資格の名称ならびにその有資格者を指します。
1988年に資格が創設されて以来、2015年4月の時点で全登録者数が29,690名となった、心理関連で最大の会員数を誇る資格です。現在は所定の要件を満たす訓練課程を備えた指定大学院の修士課程を修了することが、受験資格の要件として定められています。そして、臨床心理士はその専門性を維持するために、継続的な研修による5年に一度の資格更新が義務づけられています。

「臨床心理士は国家資格なのですか?」というご質問もよくいただきます。これにつきましては、臨床心理士は現状では民間の認定資格です。
心理職の国家資格の法案(「公認心理師」法案)も2014年の通常国会・臨時国会で審議されていましたが、これは廃案となっております。また、臨床心理士は「公認心理師」とは異なる資格であり、当会としては「公認心理師」法案の修正無しでの成立に対しては、慎重な立場を取っております。
2015年4月現在まで、当会といたしましては四半世紀に及ぶ臨床心理士の歴史と専門性を継承・発展させた国家資格が創設されるようにと活動を行っておりますことを付け加えさせていただきます。
 

どこに行けば臨床心理士によるサービスを受けられますか

三重県内では、公的機関・医療機関・開業オフィスなど、様々な場所で臨床心理士が活動をしています。
具体的な機関名等については、サービスを受けるにはページをご覧下さい。現在情報を整理中ですが、機関名などをリストアップしてあります。
 

三重県臨床心理士会に所属することのメリットは何ですか

三重県臨床心理士会では2ヶ月に一回の、定期的な研修(公開研修会を含む)を開催しています。会員となっていただくことで、それらの研修に参加していただくことができます。
また、三重県臨床心理士会には、県内外の各種の求人情報が寄せられてきます。それらの求人情報は、会員に向けて適宜情報発信させていただいております。会員となっていただくことで、それらの情報を得ることができるようになります。
そして、研修などを通じて、三重県を中心として活動をする臨床心理士同士が知り合っていくことができます。一人職場となることも多い臨床心理士ですので、三重県を拠点として活動される際には、ぜひご入会いただければと存じます。
 

どうすれば三重県臨床心理士会の会員になれますか

三重県に居住もしくは勤務先を有する臨床心理士もしくは臨床心理士資格の取得見込み者が対象となります。まずは入会届をお出しいただければ、事務局での審査をした上で、入会についての可否をお知らせいたします。
会員には2つの種別があり、正会員と準会員に分けられます。準会員は、総会や定例の研修会に参加することができますが、総会での議決権を持たない会員です。
 

三重県臨床心理士会と日本臨床心理士会との関係はどのようなものですか

三重県臨床心理士会と日本臨床心理士会は、よく似た名称ですが、独立した別団体です。また、三重県臨床心理士会に限らず、各都道府県の臨床心理士会が日本臨床心理士会の下部組織あるいは支部として認識されていることがしばしばあります。しかし実際には、各都道府県の臨床心理士会は日本臨床心理士会の下部組織ではなく、それぞれの土地で活動・居住をする臨床心理士のための独立した職能団体です。三重県臨床心理士会もその例に漏れず、日本臨床心理士会からは独立した一つの団体です。

もちろん、この2つの会は、いずれも臨床心理士の職能団体としての性質を帯びています。そのため、心理サービスを受ける一人ひとりの利用者の利益を最大限守るために、あるいは会員である臨床心理士の地位の向上のために、という共通の目的を有した団体であると位置づけられます。そのためこの2つの会は、情報の交換を適宜行ったり、必要に応じて連携を図ったりしながら、それぞれの会としての事業を展開しているという、パートナーシップの関係にあるとご理解ください。
 

臨床心理士を雇用したいのですが

事務局室(〒510-0298 三重県鈴鹿市郡山町663番地222 鈴鹿大学内 三重県臨床心理士会事務局室 または 問い合せフォームから求人情報をお寄せください。その後、会員に向けて周知させていただきます。
 

会の活動を支援したいのですが

三重県臨床心理士会では、企業様や各種団体様、あるいは個人様からの協賛金を募集しております。
・一般の皆様に開かれた公開研修会
・万が一の大規模災害発災時の活動に備えた基金の積み立て
これらにご協力いただける場合は、当会の事務局室までお問い合わせをいただけますと幸いです。
 
三重県臨床心理士会 事務局 〒510-0298 鈴鹿市郡山町663-222 鈴鹿大学内 三重県臨床心理士会事務局室 FAX:059-389-7105
  HOME臨床心理士とは?臨床心理士の特徴臨床心理士の職務活躍している領域広域社会奉仕活動
資格認可取得方法サービスを受けるには入会をご希望の方へ会員向け情報会員向け防災情報国家資格化問題について
組織案内三重県臨床心理士会会報お問い合せQ&Aprivacy statement
 
 
Copyright © Mie Society of Certified Clinical Psychologists All rights reserved.